銀の意思ゲーム攻略遙かなる時空の中で4終章 王道をともに歩む(布都彦の書)
遙かなる時空の中で4

終章 王道をともに歩む(布都彦の書)

すべてを敵にまわしても信じたいものがある。守りたいものがある。だから…二人は、駆ける。龍と戦うために――

  1.  
    狭井君の放った兵から逃げ続けます。
    「疲れたかというと……」
    • 選択肢1 
    • 選択肢2 布都彦x5
    • 選択肢3 

    スチル【逃避行の夜明け】が表示されます。

    夜が明けると柊、忍人と合流できます。

  2. 三輪山
    みんなと合流できます。

    橿原宮一帯が穢れ始めていることを知り、向かうことになります。

  3. 忍坂
    千尋・布都彦だけで官人と戦闘になります。三巡目より道臣が参加します。

  4. 玉垣の東
    穢れの原因は、黒龍を止めるために狭井君が橿原宮へ呪詛をかけたせいだと気付きます。

  5. 橿原宮
    黒龍と対峙します。
    「何もできないという黒龍だけど…」
    • 選択肢1 布都彦x3
    • 選択肢2 
    • 選択肢3 

    黒龍と戦闘になります。千尋・布都彦は固定です。

    戦闘には勝ちますが、黒龍の圧倒的な力の前に体が動きません。
    「私は、この矢を……」
    • 選択肢1 
    • 選択肢2 

    スチル【狙いさだめて】が表示され、「天の白虎の宝玉」を手に入れます。

    エンディングです。
    スチル【二人で眺める空】が表示されます。


    「終章 王道をともに歩む(布都彦の書)」終了
投稿板

※投稿メッセージの先頭にあるをクリックすると、その投稿に対する返信扱いになります
※投稿時の改行は無視されます



銀の意思ゲーム攻略遙かなる時空の中で4終章 王道をともに歩む(布都彦の書)